JIS第一水準手書き漢字データベースETL9

ETL9作成経緯

ETL9は、 工業技術院の委託を受けて、 日本電子工業振興協会に昭和55年(1980年)に設けられた日本語情報処理標準化調査委員会C専門委員会で収集されたデータベースで、 JIS第1水準漢字2965、平仮名71字種の 延べ4000人によるOCRシートを 電子技術総合研究所において、 TOSBAC-40C観測システムにより観測したものです。

観測仕様

OCRシート仕様

  • OCRデータ収集用紙 : A4判, kg OCR用紙(特種製紙)(20種)
  • ドロップアウト・カラー : No.114レディッシュオレンジ 50%スクリーン(大日本印刷)
  • 文字枠: 横 8mm、縦 9mm
  • 文字枠ピッチ: 横 10mm、縦 12mm
  • 文字枠数: 16 x 20 = 320

対象文字 (計 3,036文字)

  • JIS第一水準漢字 : 2,965 (JIS X 0208)(JIS C 6226-83)
  • ひらがな : 71

OCRシート収集

観測装置

  • 入力装置 : 128x1点フォトダイオード・アレイセンサ(ADC 6bit)(半導体アレイ レチコン社製 RL-128EC)
  • 標本化間隔 : 0.108mm x 0.1016mm
  • 濃度レベル : 16 (4bits reduced from 6bits)
  • 標本点数 : 128 x 127 = 16,256 pixels

データベース作成

  • 観測場所 : 電子技術総合研究所
  • 使用計算機 : TOSBAC-40C(プログラム:)
  • 作成年月 : 1984年3月
  • 観測期間 : 19??年?月~??月

ETL9データベース仕様

Gray level image file format / 多値イメージ・ファイルのフォーマット

参考文献

  1. 斉藤泰一、山田博三、山本和彦: “JIS第1水準手書漢字データベースETL9とその解析”, 「信学論(D) 画像処理特集号」, Vol.J68-D, No.4, pp.757–764 (1985-04).
  2. 斉藤泰一、山田博三、山本和彦: “手書文字データベースの解析(VIII) -方向パターン・マッチング法によるJIS第1水準手書漢字データベースETL9の評価-”, 「電総研彙報」, Vol.49, No.7, pp.487–525 (1985-07).
  3. 斉藤泰一、山本和彦、山田博三: “手書文字データベースの解析(IX) -データベースETL9とその見本文字について-”, 「電総研彙報」, Vol.50, No.4, pp.259–263 (1986-04).
  4. 大津展之: “判別および最小2乗規準に基づく自動しきい値選定法”, 「信学論(D)」, Vol.63-D, No.4, pp.349–356 (1980-04).
  5. 斉藤泰一、山田博三: “判別しきい値選定法の一改良”, 「情報処理学会論文誌(情処学論)」, Vol.22, No.6, pp.596–599 (1981-11).